ホットニュース

Hot News

  • 2022年9月

    • 2022年7月

      • 2022年5月

        • 2022年4月

          • 2022年3月

            • 2022年2月

              • 2022年1月

                • 2021年12月

                  • 2021年11月

                    • 2021年10月

                      • 2021年9月

                        • 2021年8月

                          • 2021年7月

                            • 2021年6月

                              • 2021年5月

                                • 2021年4月

                                  • 2021年3月

                                    • 2021年2月

                                      • 2021年1月

                                        • 2020年12月

                                          子どもの伸びしろ
                                          2021/12/12
                                          こんにちは!堺市で多言語のヒッポを 
                                          主宰しています青野です。 

                                          以前からお知らせしてました、
                                          青少年
                                          たちによる、多言語フォーラム
                                          が、昨
                                          日無事に終わりました。

                                          4歳児から大
                                          学生までどの子たちからも感動をも
                                          らいました。

                                          何に心を動かされたのか?

                                          2か月前にはできなかったとこからの
                                          チャレンジで、できるようになった!

                                          一人ではしんどくて諦めそうなことで
                                          も、仲間となら頑張れるうえ、できる
                                          喜びを共有できる!

                                          でもこんなチャレンジなら、学校の
                                          運動会や合唱コンクール、生活発表
                                          でも体験してます。

                                          ヒッポで子どもたちがチャレンジした
                                          のは、自分のことば、多言語です。

                                          ある小学5年の女の子(Kちゃん)は、
                                          夏休みにオンラインで交流した、台湾
                                          のお友だちとの思い出を書いてきまし
                                          た。とても良くまとめられていて、悪
                                          くない。一人でやったのだから、合格
                                          点あげられるくらい。
                                          けど、私たちが求めたのは、もっと
                                          Kちゃんらしさが出る、楽しさが伝わ
                                          る話し方にしてみよう!でした。

                                          一字一句を添削するのではなく、こち
                                          らに伝わる話し方、Kちゃんらしい
                                          ことばを求めました。小学生にですよ

                                          きれいな日本語で原稿を作り、
                                          間違わずに発表できたとして、果たし
                                          てそれが聞いている人たちの心を動か
                                          せるのか?
                                          本人にとっても、間違わずに言えるこ
                                          とが目標になってしまう。楽しむどこ
                                          ろではないし、今後話すたびに、原稿
                                          が必要になってしまう。
                                          せっかく聞いてくれている人が居るの
                                          に、見ているものが原稿なんて。
                                          日本人にはよくありますね。

                                          子どものチャレンジにおいて重要なの
                                          は、受け手の反応ではないでしょうか
                                          。何を求められているのかを、子ども
                                          たちは敏感にキャッチしてしまいます

                                          一番してはいけないのが、家族だけで
                                          作ってしまうこと。間違いなく尋問室
                                          と化してしまう(笑)

                                          「どこまでできたの?ちょっと話して
                                          みて!」第一声からテンション下がり
                                          ますね。

                                          これがヒッポの仲間の前で話すとなる
                                          と「聞かせて、聞かせて♡」とみんな
                                          のニコニコ顔を見ながら話せる。
                                          話せばみんなから褒めてもらったり、
                                          こんな風にしてみたらのアドバイスも
                                          耳に入る!

                                          Kちゃんは2か月間、1週間に1~2回
                                          皆の前で話し続けました。昨日の
                                          舞台では堂々と、楽しそうに、
                                          大スクリーンの前で3言語を織り交ぜ
                                          プレゼンし、会場に居るみんなの心を
                                          動かしました。

                                          キレイな発音、正しい文法だけでは伝
                                          わらない、動かせない人の心。

                                          みなさんはどんなことば、話し方を
                                          目指しますか?これから社会に出て
                                          いく子どもたちに、どんなことばが
                                          育つ環境をプレゼントしたいですか

                                          堺市西区で人気の語学教室、親子教
                                          室、英会話教室をお探しの皆さん、
                                          多世代の仲間と一緒に、英語をはじ
                                          め多言語が育つ環境を楽しみません
                                          か♪

                                          ことばの伸びしろを引き出す環境は
                                          多言語・多世代・多様性です!
                                           


                                          無料体験は、随時可能です。
                                          「お問合せ」より、体験希望とお知
                                          らせください。お待ちしています。











































































































                                           


















































































                                           
                                          子どもの伸びしろ
                                          子どもの伸びしろ
                                          話せる=人との出会い
                                          2021/12/06
                                          こんにちは!
                                          堺市西区で多言語のヒッポを主宰して

                                          います、青野です。師走の12月に入り

                                          、なんだか気ばかりが焦りますね。

                                          さて、ヒッポでも目前に迫る本番に
                                          向け、準備が大詰めを迎えてます。

                                          先週土曜日は、今週11日土曜の

                                          「青少年フォーラム」リハでした

                                          2か月前、言えないとこから挑戦を始

                                          めた子どもたちは、見事に多言語を口

                                          にしいてます。側に居たはずの大人が

                                          ついていけてない笑

                                          今回出演者の多い、話す子たちも、

                                          それぞれの個性をみんなに引き出して

                                          もらい、それに応えながら自分らしく

                                          自分のことばで表現できるまでに

                                          学校で発表するよりも、めっちゃ注文

                                          多かったと思うよ。

                                           

                                          毎年このフォーラムを通して、

                                          多言語を言う子も、話す子も、新しいこ

                                          とばに出会い、ホント生き生きとしてい 

                                          る!

                                           

                                          小さすぎて、ことばをしたくてヒッポ

                                          を始めた訳じゃない子どもたちでも、

                                          自分のことを表現する日本語に出会っ

                                          たり、何語でも自分の口から出る!っ

                                          て体験ができるのは、こんなにも嬉し

                                          いことなんよね。

                                           

                                          家の中にたくさんスピーカー置いて

                                          言語に浸るのは、一人でもできる。


                                          でも、家族以外の人たちに受け止めて

                                          もらいながら、自分の表現を探したり

                                          、一緒に居る仲間がやって見せてくれ

                                          るから、自分も頑張ろう!ってなれる。

                                          こんな風に成長できる環境は家族だけ

                                          では創れない。

                                           

                                          人の中で生き続ける私たちにとって、

                                          ことばは切り離せない。

                                          ことばで救われたり、

                                          苦しんだり、

                                          自信を持てたり、

                                          自分を表現できたり。

                                          「ことばと人間」面白いね


                                          堺市西区で人気の語学教室、

                                          英会話教室、親子教室をお探しの皆さ

                                          ん、多言語の環境で育つ子どもたち

                                          に会いに来てください!

                                           

                                          高石アプラ小ホールでの子ども

                                          たちを一緒に応援してください!


                                          話せるって何?環境って何?を、

                                          皆さんと考える機会にしたいです。


                                          青少年たちによる
                                          「多言語フォーラム」 

                                          日時:12/11(土)18:30~20:00
                                          会場:高石アプラ小ホール
                                          参加費:無料
                                          要申し込み:「お問合せ」より参加希
                                                望とお知らせください。
                                            











































                                           
                                          話せる=人との出会い
                                          話せる=人との出会い
                                          堺市西区で親子参加可能な親子教室としても人気の英会話教室、多言語語学教室なら「ヒッポファミリークラブ」へ。